2021年 最初の作品

年末年始の信州・松本の凛とした空気感の下、kawalabo.作品をご愛用いただいているお客さまからご依頼を受けていたオーダーメイド作品が完成し、本日、納品させていただきました。
『サコッシュタイプの長財布』

鹿革の柔らかさについてはすでによくご存知のお客さまですが、「とても軽い!」と驚かれていました。

柔らかさを補強する材には 松本市中山地区のすず竹を使いました。
鹿が捕獲される地区でもあり、すず竹は信州・松本の伝統工芸品「みすず細工」の素材でもあります。
これまで他社牛革財布を長年大切に使ってこられたお客さまですので、このkawalabo.鹿革長財布もこれから長い間ご愛用いただけると思いオーダーをお受けいたしました。
ご使用と共に身体により馴染んでくると思いますので、これからの変化が楽しみです。

kawalabo.

長野県松本市の革工房です。 『エシカルレザークラフト』として、環境負荷の少ない天然素材のみを使用して、革作品を製作しています。 植物タンニンで鞣された長野県松本産鹿革と国産豚革にこだわり、デザイン、切出しから縫製まで全工程を手作業・手縫いで仕上げています。 接着剤を使わずに製作する技術を確立しており、天然麻糸を留める部分にのみ、環境ホルモンや化学溶剤を含まない水系接着剤を数滴だけ使用しています。

0コメント

  • 1000 / 1000