試作品

とても柔らかく、肌触りがよい鹿革を、毎日のように触れてもらえる用途は何か、と考えると、やはり『スマホケース』ではないか、と思い、試作してみました。
ただ悩みは、スマホはある程度の期間で買い替え、その度にケースのサイズが変わってしまうこと。
ずっと永く使っていただきたいという想いとは矛盾してしまうため、シリーズ化には踏み切れないでおります。

kawalabo.

長野県松本市の革工房です。 『エシカルレザークラフト』として、環境負荷の少ない天然素材のみを使用して、革作品を製作しています。 植物タンニンで鞣された長野県松本産鹿革と国産豚革にこだわり、デザイン、切出しから縫製まで全工程を手作業・手縫いで仕上げています。 接着剤を使わずに製作する技術を確立しており、天然麻糸を留める部分にのみ、環境ホルモンや化学溶剤を含まない水系接着剤を数滴だけ使用しています。

0コメント

  • 1000 / 1000