“Ethical”コンセプトの作品ラインナップを充実していきます

“Ethical”コンセプトの新作としてキーケースを加えました。
野生の鹿が『生きた証』でもある革の傷に対して、最近は「傷が前面に出ている方が良い!」というお声を多くいただける様になってきました。
“Matsumoto”シリーズでは、なるべく傷がある部位を避けて切り出した革のみを作品に使用していますが、“Ethical”コンセプトでは積極的に傷がある部位を前面に出していきます。

植物タンニンで丁寧になめされているため、バックスキンはスムーズで美しい状態の部位となるように選別は継続しています。

kawalabo.

長野県松本市の革工房です。 『エシカルレザークラフト』として、環境負荷の少ない天然素材のみを使用して、革作品を製作しています。 植物タンニンで鞣された長野県松本産鹿革と国産豚革にこだわり、デザイン、切出しから縫製まで全工程を手作業・手縫いで仕上げています。 接着剤を使わずに製作する技術を確立しており、天然麻糸を留める部分にのみ、環境ホルモンや化学溶剤を含まない水系接着剤を数滴だけ使用しています。

0コメント

  • 1000 / 1000