kawalabo. は『やさしい革』のサポーターです

信州・松本に移住して工房を構えて以降、長野県松本産の鹿革との出会い、取り組みが始まり、Matsumotoシリーズについての発表が多くなっていましたが、『やさしい革』コンセプトが発表されたのを受けて、初心を思い返す良い機会にもなっております。
kawalabo. がこだわっている『革の持つ力』『ホンモノの素材の良さ』は、この豚革から始まりました。
薄くて軽く、柔らかいという特徴を持つ豚革ですが、環境負荷が少ない植物なめしはもちろんのこと、飼育形態にも配慮された豚のみ。
使い込めば使い込むほど、艶が出てきます。新品よりも数年使用後の作品の方が、新しい商品⁉︎という印象を受けるほど、艶のある革に変化していきます。
kawalabo. では、Naturalシリーズでは開業当初から、『やさしい革』を使っております。

kawalabo.

長野県松本市の革工房です。 『エシカルレザークラフト』として、環境負荷の少ない天然素材のみを使用して、革作品を製作しています。 植物タンニンで鞣された長野県松本産鹿革と国産豚革にこだわり、デザイン、切出しから縫製まで全工程を手作業・手縫いで仕上げています。 接着剤を使わずに製作する技術を確立しており、天然麻糸を留める部分にのみ、環境ホルモンや化学溶剤を含まない水系接着剤を数滴だけ使用しています。

0コメント

  • 1000 / 1000